DELLさんPC配送遅延の真相その1

スポンサードリンク

2014/04/15

WindowsXPのサポートが2014/04/08に終わる。

会社のPCを20台ほど買い替えなくてはならない。
しかも4月1日からは消費税が8%へ上がり、3月は決算期。確実に注文が集中する。
できるだけ早く発注したいが、会社の利益がある程度確定しないと、予算が決まらない。

 

そんな訳で結局発注は2月末。入金は3月頭。
テスクトップ(Optiplex3020)が20台、価格は1台約96,000円。
サーバー(PowerEdgeT110)が1台、同じく約273,000円。

 

↓ちなみにこんなのです(画面のは中古品ですが)。
DELLさんの名誉のために言いますが、製品そのものは価格の割に本当に文句なしでした。特にデスクトップはコンパクトサイズで場所取らないし。

美品【中古】 DELL OPTIPLEX 3020 i5 4GB 500G...

美品【中古】 DELL OPTIPLEX 3020 i5 4GB 500G…
価格:49,800円(税込、送料別)

 

一週間ほどしてオーダーステータスを確認するともう製造は終わったらしい。
数日して、3月14日(金)到着予定と出てきた。意外に早くて、安堵する。
ところが2~3日前に3月17日(月)に変わった。
それでも、十分早いので問題ない。

 

ところが、それからさらに2~3日して、オーダーステータスが突然下記のような内容に変わった。

「国内受け入れ作業中」
ご注文の製品は、諸事情によりお届け予定日に遅れが生じる見込みです。

何だこれは?まだ着いていないのか?
しかしその場合は、ステータスが「国内配送センターへ輸送中」とかになりそうだが..。
港だか税関だかで止まっているのか?

 

明けて17日の週になっても、何も変わっていない。

・DELLに確認メールを送ってみた。
→当日も次の日も何も返ってこない。

・DELLに電話をしてみた。
→話し中。えっ、話し中!?

・DELLの営業担当に電話をしてみた。
→担当不在で折り返し待ち。折り返しはなかった。

再度、DELLに納品確認の電話をしてみた。
→つながったが、音声案内。内容はオーダーステータスと同じ。
「係りの者と話す」を選んだところ、お詫びの言葉と一緒に別の電話番号を告げられた。何だこれは?

 

ネットで調べてみたところ、あちこちで遅れが頻発しているらしい。これはやられたな..。
しかし、予想に反して部品不足でも、製造の遅れでも、輸送の遅れでもなく、受け入れ側の倉庫がパンクしているらしい。

 

噂レベルの情報を集めたところ、
・物流会社が西武運輸より、西濃シェンカーに変わったが引き継ぎで失敗し、荷物に関するデータベースが機能していないらしい。
・そのため、物流が止まり、倉庫がパンク状態。
・復旧しようにも、DELLと西濃シェンカーがバトル状態で収集つかず。
・倉庫に山積みの荷物を、DELLや関連先の社員総出の人海戦術で、仕分けているらしい。
・現場が混乱しているため、本社の営業、サポートも状況が分からず顧客に対応できない状態。

な感じらしい。
う~ん、これなら有り得るかも。
細かいところはともかくとして、荷物が着いているのに配送されない
ということは、こういった原因でもなければ考えにくいような気がする。

→DELLさんPC配送遅延の真相その2へ続く

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る