食器洗い乾燥機のススメ

スポンサードリンク
食器洗い

2013/11/12

夫婦間で押し付け合いになる家事の第1位は「食器洗い」らしい。

我が家も押し付け合いをする程ではなかったが、面倒くささではナンバー1だったか。

また疲れているときほど、量が多かったりもする。

 

夫婦共働きで今より子供も小さく、他になすべきことが多かったのだ。

掃除と違って毎食だし、食器の数も決まっているから溜められない。

1回毎に時間もかかるし..。

ストレスの原因には間違いなくなっている。

 

という訳で、思い切って食器洗い乾燥機を買ったのが今から2年ほど前だった。

パナソニックのNP-TR3。値段はうろ覚えだが、4万円台だった。

食器洗い乾燥機_NP-TR3(パナソニック製)

結果はと言うと、一泊旅行でも行かない限り、買って以来、使わない日は一度もなかった位重宝している。

当時はまだ原発問題の影響で、節電が呼びかけられていた時期で、少しためらったが、予測される利便性には勝てず、買ってしまった訳だがそのかいがあった。

 

何しろ、食器を水に付けて、洗って、流して、拭く・・・が一発になったことで、家事の負担が半減したくらいに感じたからだ。

まあ、学生の頃、デニーズでバイトしていた関係で、食洗機の便利さはある程度は体感していたし。

 

メリットをまとめると↓

・家族4人分の夕食の食器と朝に使った分がまとめて洗える。

・気になっていた水道代・電気代はほぼ変わらない感じ。

・洗浄力は食器を水に付けておけば良く落ちる。80度の湯で洗える機能が便利。

・音は多少はするが、寝る前に回し始めることが多いので、ほぼ気にならない。

・お陰で手荒れがなくなった。

 

もちろんデメリットもあるにはあった↓

・キッチンのシンクが狭くなった。

・やはりこびりつきの乾いたものや鍋の焦げ付きなどは取れない。

(と言っても水に付けておけば済むし、鍋はでかいので手洗いがメイン)

・取り付けの際に、水栓を一旦外して分岐水栓を取り付けるのがかなり大変だった。

ちなみに分岐水栓は当然別売りです。

現在は水栓その物を、老朽化のため取り替えたので混合水栓にしている。

しかし、デメリットよりも家事の時間短縮や手間の軽減されたことの方が一番。

もう使わなくなることは恐らくないでしょう。

ストレス解消度は4!

大幅なストレス解消(というよりも原因の解消)でした。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る