自転車屋(杉山サイクル)のすばらしい応対

スポンサードリンク

前回で自転車の後輪のパンクが結局、解決しなかったので、
近所の自転車屋をGoogle Mapsで探してみた。

妻が次の日の朝、通勤で使うので直しておかなければならないのだ。

すると、案外近いところに【杉山サイクル】という店があり、
電話したところ20:00までやっているという。

第三京浜からすぐだ。

電話の応対の感じが良かったこともあって、早速行ってみた。

行ってみたら、応対がやたら丁寧だった。

前回の自転車屋での出来事をじっと聞いてくれたが、あそこは評判が悪いというような悪口も一切言わない。

早速、パンクの状況を調べてくれた。

おおざっぱに手順をあげると、

○まず、後輪のタイヤとその中のゴムのチューブを取り外す。

○水を張ったタライにチューブを浸し、少しずつ押してみる。

○ある箇所で泡が出た。その部分がパンク箇所。

○ここで説明が入る。

 「ここがパンク箇所ですが、ここだけ直してもタイヤの方がイカれてるとまたパンクします。次にタイヤを調べてみます。」

この後も説明が続き、結論から言うと、タイヤは側面にずらっとひびが入っており、ボロボロだった..。

作業をしながら店主が、子供を乗せる自転車はワンランク上のタイヤが必要なのに、この自転車には普通のタイヤしか使われていないこと、替えタイヤの値段、修理の手順、かかる時間等を丁寧に説明してくれた。

30分かかるので、修理の様子を見ていただくか、一旦お帰りいただくかと聞かれたが、近かったので自宅に戻り再度出てくることにした。持ち合わせもなかったし..。

25分後くらいに戻ってきたら、ほぼ終わるところだった。終わった後、手順や空気の入れ方等、今後の取り扱いを丁寧に説明してくれた。

 店主:「30分をオーバーしてしまいました。申し訳ありません。」

 自分:「いえいえ、作業自体は30分きっかりで終わってましたよ。すごいですね。」

 店主:「お待たせしてしまって、申し訳ありません。」

 自分:「いえ、明日使うので助かりました。ありがとうございました。」

 店主:「おかげさまでごはんが食べられます。こちらこそありがとうございます。」

どこまでも丁寧でした。

ちなみに価格は後輪タイヤとチューブで、4600円。

タイヤは子を乗せても問題ないように通常の物よりワンランク上とのこと。

そりゃ~自分でやればもっと安くあがるかも知れないが、明朝使うのに材料を調達できても、経験もないのに、夜懐中電灯を照らしながら、さくっと修理できるとは到底思えず。ここはプロに任せて正解かな。

とにかく気持ちの良いお店でした。これが普通だと思う人もいるかも知れない。が、比較する対象が対象なので感じる差が半端でない。同じ自転車屋でこうまで違うとまるでマンガだなこりゃ。

今回のストレス度は初の-3!

つまり前回の自転車屋でのストレスも、タイヤのパンク自体のストレスも解消され、行って良かったという気持ちにまでなってしまった。接客ってやはり大事だね..。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る