自転車屋のすごい応対

スポンサードリンク

2011/08/20

自転車の後輪がパンクしたので、近所のSサイクルに自転車を持っていった。

店はかなり昔から開いていると思われ、年季が入っており、おじいさんが一人でやっている。

足がお悪いようなので、店の中まで自転車を運び入れる。

 20分ほどで出来上がりますとのことで、その間近所で買い物をしてから、受け取りに行く。

修理が終わったようで、その日はそのまま保育園に子供たちを迎えに行った。

代金は1,260円だった。

 

その次の日、妻から自転車のタイヤがパンクしていると言われ、確認したところ同じ箇所..。

1回しか乗っていないのに(笑)

持っていった店の名前を挙げると、あそこは評判が悪いと言う。

前にも言ったはずと言われたが、聞いたような聞いていないような..。

もう、修理は頼まなくて良いから、返金だけでもしてもらえるか聞いてきて欲しいとのこと。

とにかく、店に持っていったところ、

 自分 : 「昨日、パンクを直してもらったところがもう駄目になっているんですけど、どうなっているんでしょう?」

 店主 : 「知らん」

 自分 : 「は?」

 店主 : 「う~ん、それじゃチューブ替えてみる?」

 自分 : 「そういうことも含めて見ていただきたいのですが..。」

 店主 : 「それじゃ、今度はちゃんと見てみるから見せてみて。」

 自分 : 「え?昨日はちゃんと見てもらえなかったのですか?」

 店主 : 「そういうことではないよ。こういうのは直してもまたなったりするし、よく分からないんだよ。」

 自分 : 「・・・。もう修理はけっこうです。自分でキットを買ってやりますよ。」

 店主 : 「だいたい、細かいところまで良く見て欲しいっていうんなら、そう言ってくれりゃ..」

 自分 : 「そう言わないと、見てもらえないんですか?」(呆然..)

 店主 : 「じゃあお金返すから、よその店へ持ってってくれよ。」

 自分 : 「分かりました。そうします。」(とりあえず目的は達せそうだな..)

怒り心頭..にはならなかった。

相手は古くからお店をやっていて、接客なんて認識も何もなさそうなおじいさん。

いちいち腹を立ててもしょうがないと。

新城辺りなら、他に店はあるはず。よく調べないで駅近で手近な店に行ってしまった自分が悪いのさ。

今回のストレス度は1で。時間は無駄にしたが、お金は返ってきたし。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る