ちょっとしたことなのに、ほんの少しの気遣いの有無で真逆の気分に分かれてしまったこと ~エプソンとCAFE;HAUSでの件~

スポンサードリンク

たまたま同じ日に次のようなことがあった。

午前中、会社のエプソンPCがモニタ表示されなくなった。
調べてみると、モニタへの出力異常でマザーボード交換ぽい。

サービスパックの保守期間内なので、早速記載されていたサポート番号へ電話してみる。
その時の会話。

サポート:「せっかく私どもにお電話頂き、パソコンの状況もご説明頂きましたが、お客様の保守契約はやや特殊な形であり、別の窓口の番号を案内させて頂くことになってしまいます。」

私:「もう一度、説明し直しですか?」

サポート:「恐れ入りますが、おっしゃるとおりです。今からご案内する番号に、再度症状をご説明頂かなくてはなりません。ご不便をおかけして申し訳ございません。大変お手数ですが、どうぞご協力お願いいたします。

大体、こんな感じの内容だった。

これくらいの応対は当然かも知れないが、「こちらでは受付致しかねますので、次の番号へおかけ直しください」くらいの応対をするサポートはいくらでもいる。

正直、多少面倒だな~システム悪いな~とは思ったが、応対に誠意と気遣いが感じられたので、さほど不快には思わなかった。後日、行われた修理も出張で迅速だった。
ちなみにマザボの交換だったが、保守期間内なので無償である。とても良い気分だった。

 

さて、同じ日の夜、団体である店のBBQへ行った。

豊洲駅近くのCAFE;HAUSという店である。
テレビでも何回も取り上げられている店らしい。

テラス席だったが、ガーデンみたいな感じでなかなか良い雰囲気だった。
お客も結構いたが、広いのでさほど窮屈な感じがしない。

食材も良かった。
でかいステーキ肉が出てきて、豪快に焼く。
野菜は玉ねぎのホイル焼きが良かった。
甘くて調味料など全くいらない。
トルティーヤもあり、肉や野菜を包んで食べられる。
他のメニューもよく考えられていると思った。

大いに談笑しながら食べ、飲み物のお代わりを何人かで行った。
ピッチャーの飲み物は空になっていた。
飲み物のコーナーは10mほど離れていた。
近くに寄ると、スタッフの一人が両手を大きく広げ、

「飲み物は終了です!」

と言った。
21時までらしい。確かにどこかに書いてあった。
私は最初いなかったが、恐らくスタッフからの説明もあったんだろう。

しかし、言い方が引っかかった..。不快ですらあった。

「申し訳ございません。飲み物は21時までとなっているため、終了させていただきます。」

こんな感じで言われていたら、多少がっかりはするものの、不快には思わなかっただろう。

やがて時間が来て帰ることになった。

焼かれていたトルティーヤが丸々何枚かあって、皿に残っていた。

肉などは衛生的にまずいが、トルティーヤなど何の問題もない。
普段はやらないが、近くのアルミホイルに包んで持って帰ろうとした。

スタッフ:「お客様!お客様!」

私:「ん?」

スタッフ:「ご遠慮願います!」

私:(これのことか?)「でももったいないし..」

スタッフ:「お客様、ご遠慮願います。」

嫌そ~な顔で睨まれている。他に一言もない。
俺、ドロボーか?
そんな気になってしまったくらいである。

連れのメンバーが言った。

「衛生的に問題あるんじゃない..。」
「ここは日本だからね~。」

それは薄々分かっていた。持ち帰り禁止なんだろう。

しかし、言葉が少なすぎないか。何で連れが理由を説明しているのか?

「お客様、恐れ入りますが衛生的に問題がありますので、お持ち帰りは禁止とさせて頂いております。どうぞご容赦ください。」

これくらいは言えないのだろうか。
さっきのスタッフと言い、余分にしゃべったらもったいないとでも思っているのか。

そう言えば、「ありがとうございました!」も「またお越しください!」も何もなかった。
私が聞こえてなかっただけかも知れないが..。

せっかく良い雰囲気で美味しい料理だったが、楽しい気持ちが半減した。
周りが良い気分になっているのに、スタッフに言い返してそれを壊すわけにもいかない。

ホームページにはフレンドリーなスタッフが..とか書いてあったが、私にはとてもそうは思えなかった。テレビで取り上げられている人気店だからといって、おごっているのではないだろうか?

何年かしたら、きっと彼らよりはAIの方が、フレンドリーな応対をしてくれることだろう。

同じ日に起きた2つの小さな出来事だったが、ほんの少しの誠意、気遣いや言葉といったもので、後の感触はまるで違ったものになったことに気付かされた。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る